タレント@タレント検索ちゃん

タレント@タレント検索ちゃん
タレントさんの情報を検索順位を元にまとめました。タレント検索ちゃんはタレント情報が満載です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

Mr.Children【タレント検索ちゃん】

Mr.Children(ミスターチルドレン)は、日本のロックバンド。一般的な略称はミスチル。音楽プロデューサーは小林武史。所属事務所は烏龍舎(小林武史が設立・経営)、所属レコード会社はトイズファクトリー。

Mr.Children概要

1988年バンド結成、1989年1月1日にMr.Childrenと改名し、1992年5月10日にミニアルバム『Everything』でメジャーデビュー。

3rdアルバム『Versus』でシングル・アルバムを通じて初のトップテンを記録し、4thシングル『CROSS ROAD』は週間最高順位6位ながら、自身初のミリオンを記録。4thアルバム『Atomic Heart』でアルバムにおいても初のミリオンを記録した。

その後も数多くのヒット曲を生み、「ミスチル現象」とまで評された。しかし、活動をしていくうちに周囲からのプレッシャーや忙しさからか、私生活に支障をきたしてしまっていた。

メンバー間でのコミュニケーションさえも全くとることができず、Mr.Childrenとしての活動に限界があった。

そのため、97年3月に6thアルバム『BOLERO』を発売後、突如「無期限の活動休止宣言」を発表する。

その後98年10月に発売された15thシングル『終わりなき旅』で本格的に活動を再開させ、現在まで長きに渡り、好セールスを続けている。

『innocent world』~『フェイク』まで、日本記録保持継続中のB'zに次ぐシングルの連続初登場1位記録として現在もなお継続中。

その他にも、10thシングル『名もなき詩』の初動売上は120.8万枚(オリコン集計)という驚異的な数字を記録し、シングル初動売上日本記録を塗り替え、現在も更新されていない。

ボーカルの桜井和寿がほぼすべての曲を作詞・作曲。小林武史とMr.Childrenが編曲を担当。

桜井のキャッチーな作曲センスとメンバーが「イントロ大王」と称えるプロデューサー小林の編曲による、ポップかつ繊細なメロディと歌詞が特徴で日本でもそのポップセンスは唯一無比と称されている。

当初はオーソドックスな歌詞のラブソングが多かったが5thシングル『innocent world』からはメッセージ性の強い歌詞が見られるようになった。

世間一般ではMr.Childrenはラブソング主体のポップスやバラードを得意とする、ポップの王道を行くバンドと思われがちだが、彼らのアルバムにはロックな社会批判や自分の心情を吐露した曲なども多数含まれており、ロックとポップを融合させた世界を見る事が出来る。

数多くのミリオンヒットをもつ。シングルは10作品(B'zの15作品に次いで2位)、アルバムは11作品(B'zの19作品に次いで2位)である。(2007年現在)。

ちなみに、作品によってはグループ名を「mr.children」、「MR.CHILDREN」などにしている。なお、「歌で勝敗を決めたくない。」とのメンバーの意向により、NHK紅白歌合戦には一切出演していない。

Mr.Childrenメンバー

桜井和寿(さくらい かずとし)ボーカル、ギター。愛称:和君、エロオヤジ(自称・公認)。サッカーをこよなく愛する。

田原健一(たはら けんいち)ギター。愛称:田原っち、健ちゃん、一部のファンからは田原様、田原皇帝、田原唯一神とも。

中川敬輔(なかがわ けいすけ)ベース。愛称:ナカケー。馬(競馬)と阪神タイガースファンでもある。

鈴木英哉(すずき ひでや)ドラムス。愛称:Jen。お酒大好き。実は、リーダーでもある。

サポートメンバー(主にライブ時)

Sunny (サニー) キーボード
河口修二 (こうぐち しゅうじ) ギター
浦清英 (うら きよひで) キーボード

Mr.Children来歴

【インディーズ時代】

同じ中学や高校で出会った桜井、田原、中川がMr.Childrenの原型となる「Beatnik」を結成。当時はキーボードを含めた5人組だった(当時のドラムスは別人、キーボードは女性[要出典])。

それから他バンドで以前から面識のあった鈴木が加入する[要出典]。バンド名は「The Walls」など度々変えていた[要出典]が、4人で食事をしていた時に改名について話していた時にふと組み合わせた単語が「Mr.」と「Children」だった[要出典]。

【結成後】

☆1991年

渋谷や新宿等のライブハウスを中心に活動。名阪方面へ遠征したりデモテープ製作をするなどプロデビューを意識し、このころからの固定ファンも多くいる。

☆1992年

5月10日、ミニアルバム『Everything』(1stアルバム)でメジャーデビュー。

8月21日、1stシングル『君がいた夏』発売。アルバム『Everything』からのシングルカット。同曲はFM802のヘビーローテーションにも選ばれる。

12月1日、2ndシングル『抱きしめたい』、2ndアルバム『KIND OF LOVE』発売。このアルバムは、発売当時はヒットしなかったものの、94年のブレイク後に収録曲のひとつである「抱きしめたい」などの評判が口コミで広がったこともあり、数年かけてミリオンセラーを達成することとなった。

☆1993年

7月1日、3rdシングル『Replay』発売。

9月1日、3rdアルバム『Versus』発売。

11月10日、4thシングル『CROSS ROAD』発売。シングルとしては自己初となるミリオンヒットを記録。桜井は曲が完成したとき「ついに100万枚売れる曲が完成した!」と叫んだという。(本人談、ベストアルバムに記載)

☆1994年

6月1日、5thシングル『innocent world』発売。

9月1日、4thアルバム『Atomic Heart』発売。売り上げは当時の日本における邦楽CDアルバムの歴代1位となった。

11月10日、6thシングル『Tomorrow never knows』発売。ダブルミリオンを突破する。現段階での自己記録。

12月12日、7thシングル『everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-』発売。

12月、『innocent world』が第36回日本レコード大賞を受賞。Mr.Childrenは「海外でのPV撮影」という理由で授賞式を欠席しており、日本レコード大賞史上唯一の受賞者欠席での大賞受賞となる。当然、恒例である生演奏なども無く、代わりにTBSの別番組で収録された演奏が会場に流されるという稀に見る事件であった。原因は審査員の内紛があったと言われている。

☆1995年

1月23日、サザンオールスターズの桑田佳祐との合同作品として、桑田佳祐&Mr.Children名義でシングル『奇跡の地球』発売。これはAIDS患者救済基金を集めるためのプロジェクト(Act Against Aids 通称AAA)の一環であった。ともに週間シングルチャート1位経験のあるアーティスト同士のコラボシングルとしては史上初めて1位を獲得した。

5月10日、8thシングル『【es】 ~Theme of es~』発売。

8月10日、9thシングル『シーソーゲーム ~勇敢な恋の歌~』発売。売り上げ金、アーティスト印税の全てを全額阪神淡路大震災の義援金として寄付した。

☆1996年

2月5日、10thシングル『名もなき詩』発売。初動で120.8万枚を売り上げ、累計はダブルミリオンを記録。

4月10日、11thシングル『花 -Memento-Mori-』 発売。

6月24日、5thアルバム『深海』発売。Mr.Childrenとしては初のコンセプトアルバム。暗い曲が多いことから、「ファンでいるための踏み絵」とまで言われた。

8月8日、12thシングル『マシンガンをぶっ放せ -Mr.Children Bootleg-』発売。アルバム『深海』からのシングルカット。

※1994年から1996年までは、発売したシングルのほぼ全てがミリオンヒットとなり、もはや社会現象であるとまで言われたため、「ミスチル現象」と一部で言われた。

☆1997年

2月5日、13thシングル『Everything (It's you)』 発売。

3月5日、6thアルバム『BOLERO』発売。

3月28日、初の東京ドームでのライブ後、突然の活動休止を発表。

☆1998年

2月11日、全く告知もせず14thシングル『ニシエヒガシエ』発売。レコーディングは休止前に行われ、ミュージック・ビデオにも本人達は出演せず。しかし、最初に後頭部とラストにほんの一瞬、桜井だけ出演している。

メンバーのほとんどが野球経験者で草野球チームを結成していたが、この頃からサッカーに転じ草サッカーが流行りだす。歌詞にもサッカー用語が使われるようになる。

10月21日、15thシングル『終わりなき旅』発売。本格的にバンド活動を再開する。

☆1999年

1月13日、16thシングル『光の射す方へ』発売。

2月3日、7thアルバム『DISCOVERY』発売。ロックテイストの強い楽曲が収められたアルバムである。

5月12日、17thシングル『I'LL BE』発売。アルバム『DISCOVERY』からのシングルカット。

9月8日、8thアルバム『1/42』(50万枚限定)発売。"Tour DISCOVERY"の音源を収録した初のライブアルバム。

☆2000年

1月13日、18thシングル『口笛』発売。Mr.Childrenのシングルとしては最後の8cm CDとなった。

8月9日、19thシングル『NOT FOUND』発売。

9月27日、9thアルバム『Q』発売。『Atomic Heart』以降のアルバムとしては初めてオリコン初登場1位を逃し、2位となった(このときの1位は浜崎あゆみの『Duty』であった)。

☆2001年

7月11日、初のベストアルバム『Mr.Children 1992-1995』『Mr.Children 1996-2000』(通称「肉盤」「骨盤」)を2枚同時発売。2枚合わせて400万枚以上の売り上げを記録する大ヒットとなる。

8月21日、20thシングル『優しい歌』発売。

11月7日、21stシングル『youthful days』発売。

ドラマ「アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~」(フジテレビ系、2001年10月~12月放送)では、Mr.Childrenの楽曲が多数挿入歌として用いられた。

また、FMフェスティバル '01にのちのBank Bandの前身となるAcid Testとしてジョン・レノンのカヴァー「MOTHER」で参加。後にMUSIC DELI端末で限定販売される。

☆2002年

1月1日、22ndシングル『君が好き』発売。

5月10日、10thアルバム『IT'S A WONDERFUL WORLD』発売。

7月10日、23rdシングル『Any』発売。

7月、桜井が小脳梗塞で入院し、約半年間、音楽活動を中断する事態になった。

12月11日、24thシングル『HERO』発売。

12月21日、横浜アリーナにて一夜限りの復活ライブを行う。桜井が入院したため当初アルバム『IT'S A WONDERFUL WORLD』の発売に伴ったツアーを行う予定だったが全公演を中止。

そのため、かなり話題性のあるライブとなった。その後ドラムスの鈴木の「諸事情」により本格的な活動の再開が遅れた(ミュージックステーション出演時に桜井が発言)。

☆2003年

11月19日、25thシングル『掌/くるみ』発売。初のダブルA面シングルとなる。

☆2004年

4月7日、11thアルバム『シフクノオト』発売。初回版にはレコーディング風景が収められたDVDが付いた。

5月26日、26thシングル『Sign』発売。

12月、『Sign』が、日本レコード大賞・金賞(大賞候補)にノミネートされる(Mr.Childrenとしては94年の『innocent world』以来10年ぶり)。

同月31日に大賞の受賞が決まり、1994年に続き2度目となり、グループとしては史上初のレコ大複数回受賞達成し、授賞式にも出席した。

同じ頃にBank Bandを桜井和寿、小林武史を中心に結成し、活動を始める。

☆2005年

6月29日、27thシングル『四次元 Four Dimensions』発売(13ヶ月ぶりのシングル)。全曲がタイアップされており、TVでもおなじみの曲ばかりとなった。特典として、収録曲の一つである「and I love you」のPVが見れるようになっている。

7月16日から7月18日にかけて、「ap bank fes '05」に出演。この夏、多数の野外フェスに出演した。

9月21日、12thアルバム『I love U』発売。

☆2006年

7月5日、28thシングル『箒星』発売。

7月15日から7月17日にかけて、「ap bank fes '06」に出演。

8月27日、桜井と親交が深く、コラボレーションシングル『奇跡の地球』を発表し共演したサザンオールスターズの桑田佳祐の呼びかけにより、「THE 夢人島 Fes.2006」に参加。

9月26日の名古屋公演を皮切りに、全国のZepp6会場にて、かねてから親交のあったthe pillowsと共に対バンツアーを行った。

11月15日、29thシングル『しるし』発売。

☆2007年

1月24日、30thシングル『フェイク』(40万枚限定生産)発売。

3月14日、13thアルバム『HOME』発売。初回版には2006年にthe pillowsと行った対バンツアーの模様が収録されたDVDが付いた。

5月5日、鈴木が福岡公演終了後の食事の席で誤って換気扇に左手を挟み、人差し指を4針を縫う怪我をし、5月12日、13日の札幌公演をを延期する事態になった。

5月10日、初のカップリング集のアルバム『B-SIDE』を発売。

Mr.Children作品

Mr.Children作品一覧

【シングル】
1st 1992年8月21日 君がいた夏
2nd 1992年12月1日 抱きしめたい
3rd 1993年7月1日 Replay
4th 1993年11月10日 CROSS ROAD
5th 1994年6月1日 innocent world
6th 1994年11月10日 Tomorrow never knows
7th 1994年12月12日 everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-
8th 1995年5月10日 【es】 ~Theme of es~
9th 1995年8月10日 シーソーゲーム ~勇敢な恋の歌~
10th 1996年2月5日 名もなき詩
11th 1996年4月10日 花 -Mmento-Mori-
12th 1996年8月8日 マシンガンをぶっ放せ -Mr.Children Bootleg-
13th 1997年2月5日 Everything (It's you)
14th 1998年2月11日 ニシエヒガシエ
15th 1998年10月21日 終わりなき旅
16th 1999年1月13日 光の射す方へ
17th 1999年5月12日 I'LL BE
18th 2000年1月13日 口笛
19th 2000年8月9日 NOT FOUND
20th 2001年8月21日 優しい歌
21st 2001年11月7日 youthful days
22nd 2002年1月1日 君が好き
23rd 2002年7月10日 Any
24th 2002年12月11日 HERO
25th 2003年11月19日 掌/くるみ
26th 2004年5月26日 Sign
27th 2005年6月29日 四次元 Four Dimensions
28th 2006年7月5日 箒星 CD+DVD
29th 2006年11月15日 しるし
30th 2007年1月24日 フェイク

【オリジナルアルバム】

1st(Mini) 1992年5月10日 Everything
2nd 1992年12月1日 KIND OF LOVE
3rd 1993年9月1日 Versus
4th 1994年9月1日 Atomic Heart
5th 1996年6月24日 深海
6th 1997年3月5日 BOLERO
7th 1999年2月3日 DISCOVERY
9th 2000年9月27日 Q
10th 2002年5月10日 IT'S A WONDERFUL WORLD
11th 2004年4月7日 シフクノオト CD+DVD
12th 2005年9月21日 I love U
13th 2007年3月14日 HOME

【ベストアルバム】

企画盤ベスト(アジア限定) 1996年1月2日 LAND IN ASIA
ベストアルバム 2001年7月11日 Mr.Children 1992-1995
ベストアルバム 2001年7月11日 Mr.Children 1996-2000
ベストアルバム(B面集:14th) 2007年5月10日 B-SIDE

【その他CD】

ライブアルバム(8th) 1999年9月8日

【映像作品】

映画 1995年12月1日 【es】Mr.Children in FILM
PV集 1997年4月25日 ALIVE
ドキュメントビデオ 1997年9月10日 regress or progress '96-'97 DOCUMENT
ライブビデオ 1997年10月8日 regress or progress '96-'97 tour final IN TOKYO DOME
ライブビデオ 2001年6月21日 Concert Tour '99 DISCOVERY
ライブビデオ 2001年8月2日 Mr.Children Concert Tour Q 2000-2001
ライブビデオ 2002年1月1日 Mr.Children CONCERT TOUR POPSAURUS 2001
ライブビデオ 2003年3月26日 wonederful world on DEC 21
ライブビデオ 2004年12月21日 Mr.Children Tour 2004 シフクノオト
ライブビデオ 2006年5月10日 MR.CHILDREN DOME TOUR 2005 "I love U" ~FINAL IN TOKYO DOME~
スポンサーサイト
最新の記事
スポンサーリング

RSSフィード
タレントキーワード

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策


サイトマップラス
Powered by SEO



タレント
タレント オーディション
バーチャル タレント
タレント 名鑑
ラジオ タレント
もの まね タレント
日本 タレント 名鑑
タレント 事務所
創価 学会 タレント
タレント クラブ
タレント グッズ
タレント ヌード
タレント ブログ
タレント スケジュール
女性 タレント
セントラル 子供 タレント
タレント ウェブログ
タレント グッズ その他
子供 タレント
you タレント
整形 タレント
タレント オーディション 情報
タレント 図鑑
タレント 画像
在日 タレント
タレント 写真 集
巨乳 タレント
お笑い タレント
外国人 タレント
タレント 別
タレント 優香 兄
ドラえもん タレント
さくら タレント
タレント さくら
大阪 府 ラジオ タレント
cm タレント
麗 タレント プロモーション
愛知 県 ラジオ タレント
タレント ヌード 画像
タレント 別 画像
ブログ タレント
タレント you
タレント データバンク
タレント 優香 兄 画像
ハーフ タレント
タレント 別 画像 秘宝館
タレント 募集
タレント ランキング
ヌード タレント
四日市 タレント クラブ
動物 タレント
タレント プロフィール
子役 タレント
ホリプロ タレント スカウト キャラバン
年齢 詐称 タレント
韓国 タレント
神奈川 県 ラジオ タレント
女性 タレント ランキング
アンティーク コレクション タレント
タレント ショップ
フィリピン タレント
韓国 整形 タレント
知多 出身 タレント
男性 タレント
知多 半島 出身 タレント
知多 半島 タレント
タレント ヘア スタイル
吉本 興業 タレント
タレント 年鑑
創価 タレント
タレント プロダクション
外人 タレント
赤ちゃん タレント
アダルト タレント
タレント 一覧
タレント マネージャー
女性 タレント ランキング 人気 投票
二世 タレント
タレント 加護 亜依
日本 タレント
知多 タレント
タレント サーチ
タレント 養成所
タレント 養成 学校
人気 タレント
米子 タレント クラブ
放送 演芸 テレビ タレント
北海道 ラジオ タレント
タレント パンチラ
nude タレント
麗 タレント
av タレント
nac タレント センター
アメブロ タレント
タレント ヘア
nac タレント
braun 女性 タレント
子供 タレント 事務所
タレント クラブ 四日市
タレント スクール

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。